乳首が黒い原因の黒ずみは美白できる

 

乳首や乳輪が黒いことは女性のバストで抱える大きな悩みです。
彼氏に振られた経験をしている人もいれば、乳首が黒いのは遊び人と間違った情報が出回り、男性も本気で接してくれないこともあります。

 

本当は経験数も少なくてもバストの色が黒いって人はたくさんいます。

 

色が黒いのはメラニンが色素沈着をした原因であり、解消をしてケアをしていくことで美白をすることができます。
実際、乳首の美白に成功したって人も多いですし、最近だと様々な医薬部外品のクリームも販売がされるようになりました。

 

しかし、こういった黒ずみクリームを使って、ケアを継続しているだけでは乳首の美白に成功することは難しいです。
人気がある黒ずみクリームでも「効果が全くない」と書かれている悪い口コミも一定数あるのも事実です。

 

ただ、ケアをしていれば簡単に乳首の黒ずみに悩まされなくなるのであれば、ほとんどの女性は実践していますし、みんなピンク色になっていますからね。

 

黒ずみと言っても部位ごとに原因があり、それを解消をした上でケアをしていくことも必要です。

 

この記事では乳首の黒ずみを本気で美白したい人向けの内容となっています。
即効性のある方法を探していたり、評判の良い化粧品でケアをしていれば効果のあるのに出会えると思ってる人には興味のないはずです。

 

乳首の黒ずみの原因

 

乳首の黒ずみの原因は下記の2点です。

 

  • ブラジャーの擦れ
  • 蒸れて雑菌の繁殖
  • 妊娠
  • 加齢

 

ようするに刺激によるものとホルモンバランスの変化の2種類に分けられます。

 

これらの原因によって、乳首や乳輪などバストに刺激が加えられたり、ホルモンバランスの変化によって、メラニンが生成され皮膚に付着して色を黒くしてしまいます。

 

バストに問わず原因として共通をしているのが、刺激を与えるとメラニンが過剰に作られてしまう点です。
特に肌が乾燥をすることでバリア機能も低下をするので、黒ずみができやすくなっています。

 

どちらに当てはまるのかによって、どういった美白ケアをしていけば良いのかも変わってきます。

 

ブラジャーの擦れや雑菌による刺激が原因で色素沈着

 

乳首の黒ずみの原因で多くの女性を悩まされているのが刺激です。

 

サイズの合わないブラジャーを付けることで、乳頭を擦ることで刺激が加えられてしまいます。
また、特に夏場に要注意なのがバストの蒸れです。

 

蒸れて不衛生な状態になることで、雑菌が繁殖をしてしまい、乳首に刺激を与えてしまいます。

 

これら2つの原因による刺激でメラニンが過剰に生成され、皮膚に付着をして色素沈着をしています。
但し、これだけであればそこまで強い刺激にはなりづらいですが、バストが乾燥をしていればバリア機能が低下をしています。

 

そのため、乳首の黒ずみの原因となってしまうのですね。

 

乳首が黒い原因となる加齢や妊娠によるホルモンバランスの変化

 

どうしても防ぐことができないのが、このホルモンバランスの変化です。

 

成長期の学生や妊娠をするとホルモンバランスが変化をして、肌機能が低下をして乾燥をしやすくなります。
また、妊娠をすると産後に生まれてきた赤ちゃんの授乳をしなければなりません。

 

生まれたばかりの赤ちゃんは目の機能も成長をしていなく、色を上手く判断することができません。
そのため、授乳ができるように乳首の位置が分かるようにする為、色が黒くなると言われています。

 

また、20歳を過ぎた頃から加齢により、ヒアルロン酸やセラミドなどの物質が減少をしていきます。
なので20代・30代と歳をかさねることで、肌は乾燥をしやすくなってきます。

 

これらによって乾燥をして刺激に弱くなってるので、乳首の黒ずみができる原因になっているのですね。
ホルモンバランスの変化などが原因であれば、産後に落ち着けば肌のターンオーバーで元の色に戻ることもあります。

 

尻軽女で経験人数が多いのは乳首の黒ずみの原因になる?

 

乳首の黒ずみで気になるのが、経験人数の多い尻軽女は色が黒くなると言われていることです。

 

実際は経験人数によって、乳首の色が黒いなんてことは全く関係がありません。
遺伝により黒くなりやすいなどはあるものの、根本的な原因となるのは刺激によって生成されたメラニンが、皮膚に付着して色素沈着をしていることです。

 

そのため、まだ未経験の処女の女性であって、ドス黒い色になることもあるのですね。

 

経験人数は関係がなく、赤ちゃんや小さい時はピンク色をしていても、日々の生活で刺激を与え続けていれば、蓄積して色も黒くなってしまいます。
但し、全く関係がないとも言えない点はあります。

 

バストへ刺激を与えるなどの行為を行っていれば、乳首の色が黒くなる可能性があります。
ただ、経験人数とは全く関係がなく、ヤリマンであろうと色がピンク色の人もいます。

 

乳首の黒ずみを美白するケア

 

乳首の黒ずみを美白する方法としては下記の3種類の方法があります。
黒ずみケアの基本は保湿と美白の両方です。

 

  • 黒ずみクリームで美白ケア
  • ヨーグルト(乳精)のホエイパック
  • ハイドロキノンとトレチノイン

 

美白成分を肌を白くすると勘違いをする人もいますが、効果はメラニンの生成を抑制することです。
ようするに黒ずみの原因となっている、メラニンが作られるのを防ぐ効果なのですね。

 

しかし、それではすでに肌に付着しているメラニン色素をどうにかしたいものです。
そのために必要となるのが保湿成分でのケアです。

 

保湿をすることで肌の働きの古い皮膚を排出して新しい皮膚を作りだすターンオーバーの周期を、正常に行われるように促していきます。

 

ようするに美白によってメラニンを抑制しながら、古い色素沈着した皮膚を排出する為に、保湿をしていくことが必要なのですね。

 

乳首が黒い人はターンオーバーだけでなく美白がかかせない

 

すでに乳首の色が黒い人で、ターンオーバーを促す保湿だけで良いと考えてしまうのは間違えです。
美白をしてメラニンの生成を抑制する効果は必要となります。

 

乳首が黒いのであれば色素沈着をしたのが蓄積しているのが考えられます。
当然のことながら古いのを排出しても、日々メラニンが色素沈着をしていては、意味がありません。

 

そのため、乳首の美白ケアをしたいのであれば、保湿成分だけではなく美白成分の両方が必要となるのですね。
また、保湿をして潤いのある肌を作りだすことで、バリア機能の働きを高める効果もあります。

 

乳首の黒ずみはメラニンを作りだすのを解消させる

 

ようするに乳首の美白に成功をする為にはケアだけでなく、原因の解消をしていくことが必要なのが分かったはずです。

 

美白といってもメラニンの生成を抑制するのであり、作りだすのを防ぐ効果がある訳ではありません。
また、肌への刺激から守る為に、メラニンは作られ分泌されているのであり、必要な物質でもあります。

 

ただ、色素を持っているので、乳首だと過剰にあるのは困るって訳なのですね。

 

いくら黒ずみクリームを使っていたとしても原因を解消できていなければ、メラニンが過剰に生成され皮膚に付着することもあります。
原因を解消して黒ずみクリームを使ってケアをしていくことで、美白の成功をすることができるのですね。

 

ただ、黒ずみクリームを使っていればどうにかできるなんて考えないようにしましょう。

 

ヨーグルトのホエイパックで効果を期待できない理由

 

乳首の美白にヨーグルトのホエイでパックをする方法が流行った時期があります。
しかし、多くの人が効果を実感できずにあきらめてしまったり、良い口コミは見かけることは難しいです。

 

ヨーグルトに含まれている透明な液体のホエイは、水溶性のたんぱく質など肌に良い成分が含まれています。
しかし、美白成分が配合されている訳ではありませんし、そもそもケアをする為に作られている訳ではありません。

 

そのため、いくらヨーグルトで乳首の美白ケアをしても、効果を感じることができなかった人が多いのですね。

 

なにより継続してケアをしていく人が少ない点もあげられるはずです。
ヨーグルトからホエイを分離してなどの作業が必要となるので、価格が安いように見えて手間と費用も高くなったりします。

 

ハイドロキノンとトレチノインは刺激が強い

 

顔の美白化粧品に必ずといって良いほど配合されているのがハイドロキノンです。
しかし、乳首の黒ずみを美白するケアに使うのはおすすめすることができません。

 

ハイドロキノンは肌の漂白剤とも言われるものの、刺激が強い副作用があります。
そのため、日本では化粧品に配合して良いのは低濃度によるもので、濃くなると医師の処方が必要となるほどなのですね。

 

また、トレチノインも使えば肌が荒れるなど、刺激が強い成分でもあります。
乳首の黒ずみケアをするのに、逆効果となる可能性も高いのですね。

 

実際、ネットでは乳首がドス黒くなったなどの書き込みを見ることもできますし、逆に効き目がありすぎて肌色ではなく白色になってしまったなど見かけることができます。

 

乳首の色はピンクにすることができる?

 

乳首の黒ずみクリームの口コミなどを見るとピンク色になったなどの書き込みがあったりもします。
しかし、本当に黒からピンクに変わる効果があるかと言うと期待をしない方が良いです。

 

あくまで乳首の黒ずみクリームの効果は美白です。
そして、肌はターンオーバーの周期で古い皮膚を排出をしています。

 

しかし、新しく作られている皮膚は表皮と呼ばれる部分であり、更に奥には真皮と呼ばれる細胞があります。
この真皮と呼ばれる部分に関しては、色素沈着をしているのはどうにもすることができないです。

 

そのため、乳首の色をピンクにするほどの効果はまず期待ができません。

 

真皮まで色素沈着してる部分はどうしようもない

 

表皮と呼ばれる皮膚の細胞に関しては日々新しく作られています。

 

しかし、更に奥にある真皮に関しては、新しく作られたりなんてことはありません。
そのため、真皮までメラニンが色素沈着しているのは、どうしようもすることができないのですね。

 

黒ずみクリームの効果が期待できるのは、表皮の部分までです。
だからこそ乳首の色をピンクにするほどの効果は期待をしない方が良いです。

 

早めのケアで乳首の黒ずみを美白していく

 

乳首の黒ずみケアは早く行うにこしたことはありません。

 

バストが乾燥をした状態が続けば、メラニンの色素も蓄積されてしまいます。
特に真皮まで色素沈着をしてしまえば、そのエリアはどうしようもありません。

 

少し前までは乳首を美白するクリームではなく、パウダーを付着するのが流行った時期もありました。
乳首ピンククリームと言われたりもしましたが、結局は根本的な解決にはならず、ブラに付着して意味がないなんて悪い口コミが多いのもあったりします。

 

多くの女性が乳首の色が黒いのには悩んでいるだけあって、怪しいのもあったりします。
しかし、このサイト「黒ずみマスター」をご覧になった人は、なぜ黒ずみができてしまうのかが分かり、どんなクリームを使っていけば良いのかも分かったはずです。

 

どんどんドス黒くなり後悔をする前に早めに乳首の黒ずみを美白ケアしていくのがおすすめです。

 

乳首の美白クリームは「黒ずみクリームで美白を自宅で挑戦」のページで紹介しているのでこのままご覧ください。