黒ずみを美白するならクリームでのケアと原因の解消が必要

 

できた黒ずみは美白クリームでケアをしながら原因を解消することが大切です。

 

黒ずみは乳首・陰部・脇・肘・口周りと全身にできることがありますが、根本となる原因は変わりがありません。。刺激によりメラニンが生成され、皮膚に色素沈着をしてしまうからです。

 

これらの部位は外出しても顔に比べれば衣服で隠れることもあり、紫外線ダメージの影響は受けづらいです。しかし、皮膚が薄くデリケートな部分であったり、日々の生活で特定の部位による理由で刺激を与えてしまっていると、色が黒ずんでしまいます。

 

黒ずみを美白する上で気お付けなければならないのは、刺激を与えてはいけない点です。

 

そのため、安易に選んだ美白クリームや化粧品を使っても、肌に合わなかったり、その部位だと皮膚が薄いなどで、思った効果がでない失敗をしてしまうこともあります。

 

黒ずみマスターでは基本的な部分から、各部位ごとの原因や特徴も含めて、正しい美白ケアができる方法を解説しています。この記事を読むことで、適切な方法やケアの仕方が分かり、成功する為の黒ずみの美白ケアについて分かるようになっています。

 

黒ずみを美白する方法は3種類

黒ずみを美白したい女性

 

黒ずみを美白するのなら主に下記の3種類の方法があります。

 

  • 美白クリームでケア
  • エステ
  • 美容クリニック

 

ただ、下の2つは費用が高額になってしまうので、自宅で美白ケアをしていく人がほとんどです。
私自身も黒ずみケアをしていましたが、それは自宅でクリームを使っていました。

 

また、共通しているのがどれも即効性がある訳ではなく、短期間でどうこうなることではないってことです。
この部分を口コミなどに情報を参考にしてしまうと、即効性があったや1週間でみたいな内容に騙されてしまいます。

 

乳首・陰部・脇など全身にできる黒ずみですが、本気で美白に成功する為には騙されないように注意をしてください。
即効性のある方法はどれもなく、3ヶ月は最低でもケアをしていく必要があります。

 

黒ずみを美白するケアの成功に必要な成分の効果

 

黒ずみケアに必要となるのは2つの成分です。

 

  • 美白成分
  • 保湿成分

 

美白を肌を白くさせるかのように勘違いさせる表現で売られているものがありますが、全く効果は違ったりします。

 

美白成分の効果は「メラニンの生成を抑制」することであり、黒ずみの原因となっている物質の生成を抑えることです。
肌はターンオーバーの働きで古い皮膚を排出し、新しい皮膚を作りだし生まれ変わっています。

 

このターンオーバーの周期は1ヶ月から3ヶ月かけて行われていますが、肌の状況などにもよってバランスが崩れてしまいます。
そのため、必要となるのがスキンケアの基本となる保湿成分です。

 

ようするにメラニンの生成を抑制しながら、色素沈着をした古い皮膚を排出させる効果が美白には必要であり、上記の2つの成分が必要となるのですね。

 

おすすめは美白クリームや化粧水でケア

 

黒ずみを美白するならおすすめはクリームを使ってケアをしていくことです。

 

顔に使う化粧品は美白化粧品と呼ばれますが、乳首・陰部・脇などの皮膚が薄かったりする部分に使うのは「黒ずみクリーム」の名称で販売がされています。
化粧水なども一部販売がされていますが、クリームタイプのが非常に多いです。

 

美白する方法は3つありますが、価格とお手軽さを考えると、圧倒的に自宅で美白していく方法がおすすめです。

 

黒ずみクリームは顔用のに比べて、肌に優しい成分を考えて作られているのがほとんどです。
下着の擦れや外的刺激などの原因でさえできてしまうような、皮膚が薄い部分などにも使えるようになっているのですね。

 

美白化粧品に配合されてる成分の定番はハイドロキノンですが、こういった刺激の強い成分は避けて成分が配合されているのがほとんどです。

 

黒ずみクリームの選び方

黒ずみクリームの写真

 

黒ずみクリームを選ぶ上で必要となるのが下記の3点です。

 

  • 肌に優しい成分
  • 医薬部外品で美白と保湿の成分が配合
  • 口コミでの評判も確認する

 

基本的に黒ずみと言われる部位の乳首・陰部・肘・膝などは皮膚が薄くなっており、刺激に弱くなっています。
そのため、紫外線ダメージは顔に比べて弱いのに、下着の擦れや肘立てなどの原因でも、色が黒くなってしまいます。

 

そのため、最低限は肌に優しい成分で作られていないのだと、逆効果になってしまう可能性もあります。
また、効果面を考えると保湿成分だけでなく、美白成分もかかせないので、医薬部外品を選ぶようにしましょう。

 

配合されている成分は似ていても、各種の黒ずみクリームは配合率は変わってきますが、公表がされていないのがほとんどです。
そのため、口コミでの評判も参考にすると良いのですが、騙されないように注意をして選ぶようにしましょう。

 

黒ずみクリームのおすすめは部位別に参考にする

 

黒ずみクリームはどれも全身に使えるようになっているのがほとんどです。
ただ、部位別に売れていたり人気があるのも違っていたりします。

 

デリケートゾーンで皮膚が薄いので、特に刺激を気お付けなければいけない部位もあります。、
根本的な原因は刺激によるメラニンの色素沈着です。

 

しかし、それぞれの部位ごとに特殊な事情があったりします。

 

評判の良い黒ずみクリームを選んでおけば間違いありませんが、おすすめは部位ごとに選ぶことです。
迷ったのであればあなたがどの部位の黒ずみをケアしたいのかによって、その部位に人気の黒ずみクリームを使ってみてはいかがでしょうか。

 

どんな黒ずみクリームがあるかは「口周りの黒ずみクリームを実際に使って比較!口周りを美白したいならコレ」のような実際に使った写真を掲載しているサイトを参考にしましょう。

 

薬局やドラッグストアで市販の黒ずみクリーム

 

薬局やドラッグストアで黒ずみクリームは市販がされているのでしょうか?

 

結論から言うと市販されていたりしますが、美白をしたいのであればおすすめできないです。
私の知る限りだとラベルや箱に「黒ずみ」と明記はされているものの、医薬部外品になっていなかったします。

 

美白化粧品は美白効果が認められている成分が配合されており、多くが医薬部外品となっています。
しかし、これらの認められた成分が含まれていなければ、化粧品の枠の中に入ります。

 

黒ずみの美白に成功する為には美白と保湿の両方の成分で、ケアをしていくことが大切なのは理由も含めて解説しましがた、片方が抜けてしまっているのですね。

 

確かに保湿をすることは、古い色素沈着した皮膚を排出する、ターンオーバーを正常にするサポートが期待できます。
しかし、すでに黒ずんでしまっており、原因が解消できていないからこそでもあります。

 

そのため、薬局やドラッグストアで市販されている黒ずみクリームもありますが、美白成分が配合されていて医薬部外品になってるかを確認をするようにしましょう。
実際、ネットの口コミでも評判になってるのは医薬部外品の部分は共通しています。

 

黒ずみクリームの効果に即効性はない

 

失敗しない為にも勘違いしないで欲しいのが、黒ずみクリームの効果に即効性のあるのはないってことです。

 

どんな化粧品でもそうですが、口コミを見ると即効性があったなどの怪しいのがたくさんあったりします。
しかし、美白の部分でも解説をしているように、肌の生まれ変わりの周期であるターンオーバーは1ヶ月から3ヶ月かけて行われています。

 

この期間は年齢を重ねるうちに遅くなり、20代・30代と加齢によって、伸びてきます。
その原因は肌の働きが低下をしていくからです。

 

もともと黒ずみができている人は肌の働きが低下をしている可能性もあります。
そのため、最低でも3ヶ月はケアをするつもりで、効果を確認していった方が良いです。

 

誰しも即効性が欲しいのは間違いないですが、期待をしすぎてしまうと騙されたり失敗をしてしまう原因にもなってしまいます。
高額な治療費の必要な美容クリニックでの美白でさえ、すぐに効果があらわれるなんてことはありません。

 

黒ずみの原因はメラニン色素

黒ずみの原因に悩む20代

 

黒ずみの原因となるのはメラニンの皮膚への色素沈着です。

 

表皮の一番下にあるメラノサイトでは、メラニンの生成が行われています。
もともとは肌への刺激から守る働きを行っており、必要となる物質です。

 

ただ、刺激を与えてしまえば過剰に生成がされてしますので、それが肌に付着して黒ずみの原因となってしまいます。

 

顔のシミであれば日々の紫外線によるダメージが大きいのですが、黒ずみと呼ばれる乳首や陰部や脇などは部位ごとに別の原因がかかわってきます。
脇であればカミソリや陰部や乳首であれば、下着の擦れや蒸れて衛生面の悪化による、雑菌の繁殖です。

 

これらの直接的な原因に加えて、肌が乾燥をしていることが黒ずみの原因となってきます。

 

肌の乾燥が黒ずみができやすい原因となる

 

黒ずみの原因として、部位に関係なく共通をしているのが乾燥です。

 

肌は保湿剤の膜によって、外的刺激から守る働きがあります。
この刺激から守る働きのことをバリア機能と言われています。

 

ようするに肌が乾燥をした状態は刺激に弱くなっており、メラニンが生成されやすい状況ともいます。
そのため、黒ずみの原因となるのが乾燥であり、うるおいのある肌を保つのが大切と言われます。

 

脇などのカミソリに比べると乳首や陰部は下着の擦れや雑菌が原因となりますが、それだけでなく肌が乾燥をしているからこそ黒ずみができてしまう人が多いです。

 

黒ずみの原因の解消にメラニンを排出させることが大切

 

黒ずみを美白したいのであれば原因となっている、メラニンを排出させることが必要となります。

 

肌は1ヶ月から3ヶ月をかけて、古い表皮を排出しながら新しい表皮の細胞を作りだしています。
そのため、色素沈着をした古い皮膚はこのターンオーバーの周期で排出がされていきます。

 

日焼けなどをして色が黒くなっても、1ヶ月から3ヶ月も経てばもとの透き通った肌色に戻っていきます。

 

しかし、黒ずみは日焼けのように一時的ではなく、刺激を与え続けてしまえば、当然のことながら新しく作られたメラニンが色素沈着をしていきます。
そのため、色が黒いのをどうにかしたいのであれば、メラニンの生成を抑制する美白と乾燥・ターンオーバー・バリア機能の3つに関わってくる保湿が必要となります。

 

黒ずみは奥深くの真皮まで色素沈着する前に少しでも早くケア

 

表皮の部分までの黒ずみであれば、メラニンの生成を抑え、ターンオーバーを正常にすることでどうにかなります。
しかし、やっかいとなるのが表皮の奥にある真皮まで色素沈着をしてしまうことです。

 

表皮の下にある真皮は新しい皮膚の細胞が作られてはいません。
そのため、ターンオーバーでメラニンの排出をすることは期待できず、残ってしまいます。

 

表皮の部分までの沈着した皮膚を排出すれば、黒ずみの症状は改善はされるものの、元通りとはいきません。

 

そのため、黒ずみは乾燥してひどい状態を継続させると深刻になっていく可能性もあるので、どうにかしたいのであれば少しでも早く美白ケアをしていくようにしましょう。

 

黒ずみの原因は部位別に変わる

 

黒ずみの原因は部位ごとによって変わってきます。

 

  • 陰部
  • 乳首
  • 口回り
  • くるぶし

 

部位ごとに特殊な事情がある訳ではありませんが、部位によって日常的に刺激を与える機会が変わってきます。

 

顔であれば紫外線ですし、脇であれば処理の時のカミソリ負けやくるぶしであれば正座などがあります。
また、美白をしていくのであれば原因の解消をするとより効果的となるので、ケアだけではなく特定の部位の刺激となる要素は、できるだけ排除をするようにしましょう。

 

「黒ずみマスター」では特定の部位ごとの原因と解消する為の方法について紹介しているので合わせてご覧ください。